情報誌「地域人」 第57号

2020年5月11日発売

「地域人」は、地域の活性化を担う"地域人"が主役です。
政府方針である地域創生政策は、将来にわたって「活力ある日本社会」を形成していくために、地域資源を利用した多様な地域社会の形成を目指しています。そのためには、首都圏地域を含めた他地域との積極的な人的交流、情報交換などの連携を推進していくことが求められます。「地域人」は地域で活躍する多くの人々から得た、前向きで積極的な"生"の情報を新鮮なまま毎月お手元にお伝えします。また、さまざまな取り組みや先進事例を解説、論説を加え紹介していきます。ビジネスや生活に役立つことはもちろん、地域創生のテキストとしても活用していただけるような情報提供を目指します。

  • faebook
  • twitter

第57号の注目記事

巻頭インタビュー

平田 オリザ

劇作家、演出家

平田オリザさんは昨年9月、兵庫県豊岡市に移住。 主宰する劇団「青年団」も移転し、本拠となる「江原河畔劇場」が今年4月に完成した。 豊岡には演劇・ダンスと観光を本格的に教える 兵庫県立国際観光芸術専門職大学(仮称)も来年開校予定だ。 演劇はじめ、アーティストが苦境に立たされている今、平田さんに演劇による地方創生を聞くため、完成目前の劇場を訪ねた。

立ち読み

特集

「新しい祭り」が地域を活気づける

──演劇・ダンス・音楽・マルシェ

日本各地の伝統的な「祭り」は、地域コミュニティーの絆を深めてきた。 現在も伝統的な「祭り」が継承されるとともに、「新しい祭り」が各地で自然発生的に生まれ、進化してきた。 ゲリラ的なライブイベントから始まり、行政もサポートして地域の一大行事となった「橋の下世界音楽祭」。 琉球王国の歌舞劇が全国各地の青少年向けの演劇として変化を遂げた「現代版組踊」など、「新しい祭り」が生まれ、 地域に活力を与えてきた。新型コロナウイルスの影響で多くのイベントが中止になっているが、 アートや祭りは戦乱や災害、疫病を乗り越え、人々を幸福にしてきた。 「新しい祭り」が蘇る日を願いつつ、祭りを生み育んできた人々の取り組みと、祭りが地域で果たす役割について考える。

立ち読み

豪華 連載陣

  • 養老孟司

  • 清成忠男

  • 河合雅司

  • 菅野芳秀

  • 小峰隆夫

  • 島薗進

  • 二宮清純

  • 古田尚也

  • 森枝卓士

  • 金子順一

  • 浦崎太郎

  • 森まゆみ

  • 岩村暢子

  • 吉村喜彦

  • 渡邊直樹

more

もくじ

巻頭言

養老孟司

お祭り

解剖学者、大正大学客員教授

巻頭インタビュー

平田オリザ
劇作家、演出家

「小さな世界都市」豊岡ほど夢と希望のある地域はない

聞き手 渡邊直樹 本誌編集長

特集

「新しい祭り」が地域を活気づける

──演劇・ダンス・音楽・マルシェ

特別座談会

地域を元気づける「新しい祭り」のあり方

影山裕樹・大石始・鈴木理映子・高岡謙太郎

「新しい祭り」の誕生と成長

橋の下世界音楽祭
[愛知県 豊田市]

工業都市の新興の祭りが地域を巻き込む一大行事に

現代版組踊
[沖縄県 うるま市]

子どもが主役の舞台が、地域を変えた
『肝高の阿麻和利』

現代版組踊シリーズ
『息吹〜南山義民喜四郎伝』
[福島県 南会津郡]

「ビジネス」が育てる未来の大人と地域の誇り

鳥の演劇祭
[鳥取県 鳥取市]

場をつくり関係をつくり生きる喜びを見つけていく

セルフ祭
[大阪市 浪速区]

新世界にあふれる原色の出し物
誰でも参加できる「奇祭」

立石ラップのど自慢
[東京都 葛飾区]

いつも見かける人たちの心境を歌詞に
地元民をつなげるラップ

鉄工島フェス
[東京都 大田区京浜島]

町工場の島で始まるアート・音楽の祭典

横浜下町パラダイスまつり
よこはま若葉町多文化映画祭[神奈川県 横浜市]

アートと映画、二つの祭りで多国籍タウンを盛り上げる

連載

人口減少下の地域を考える

コロナショックとナッジ

小峰隆夫

人間と自然資源

チャレンジし続ける地域づくり
地獄谷・小布施(長野県)

古田尚也

高校連携で始まる人材循環

地域みらい留学の取り組み(上)

浦崎太郎

地域興論

地方創生に新風を吹き込む「関係人口」

河合雅司

「食」から始まる地方再生

新宿 中村屋
東京都新宿区

森枝卓士

二宮清純のスポーツとまちおこし

どうなる? 生涯スポーツの祭典
「ワールドマスターズ」のアジア初開催

二宮清純

港町ブルース

琵琶湖漁師・中村清作(上)

吉村喜彦

JCI JAPAN TOYP 2020

日本青年会議所

笠間 淳
NPO法人若者自立支援塾 ONE STEP共同代表理事

食卓から見たニッポン人の変化

時間があっても簡便食品

岩村暢子

おきたま通信「百姓の独り言」

ほっかむりして手を振って

菅野芳秀

ふるさとと神仏のゆくえ

死者の無念と生者の悲嘆が照らす真実

島薗 進

地域創生を目指す起業コミック
スタートアップCafé Dac

第5話
会社設立にはお金が必要!

chiikijin square(地域人スクエア)

news/event/cinema/magazine/book review

次号予告/編集後記

啐啄

新型コロナとの共存

柏木正博 本誌編集・発行人

とじこみ

コアコア新聞

暮らすように町に泊まる

大好きな町がある それが大事

愛媛県内子町
森まゆみ

地域人の購入方法

全国の書店、およびネット書店でお買い求めいただけます。 Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

書店で見つからない・在庫切れの場合は、
下記のリンクより申込用紙をダウンロードし、FAXにてお申込みください。 申込用紙をダウンロード

書店でご注文頂く場合は、下記項目を書店にお知らせくださいませ。

  • 書籍名:地域人
  • 出版社:大正大学出版会
  • ISBNコード:ISBN978-4909099457
  • 価格:1,000円

定期購読につきましては、『地域人』巻末に綴じ込みの払込用紙をご利用ください。

バックナンバー