情報誌「地域人」 第62号

2020年10月10日発売

「地域人」は、地域の活性化を担う"地域人"が主役です。
政府方針である地域創生政策は、将来にわたって「活力ある日本社会」を形成していくために、地域資源を利用した多様な地域社会の形成を目指しています。そのためには、首都圏地域を含めた他地域との積極的な人的交流、情報交換などの連携を推進していくことが求められます。「地域人」は地域で活躍する多くの人々から得た、前向きで積極的な"生"の情報を新鮮なまま毎月お手元にお伝えします。また、さまざまな取り組みや先進事例を解説、論説を加え紹介していきます。ビジネスや生活に役立つことはもちろん、地域創生のテキストとしても活用していただけるような情報提供を目指します。

  • faebook
  • twitter

第62号の注目記事

巻頭インタビュー
広井良典
京都大学こころの未来研究センター教授

2050年に日本が持続可能であるためには私たちが進むべきはどの道なのか? 広井さんは人類史、日本史を振り返り、AIを活用した研究の成果をもとに人口減少社会、成熟社会におけるポジティブな可能性について、未来をデザインする。

1190年代のバブル経済崩壊後、 日本社会は実質的なゼロ成長時代に入り、経済が長期にわたり停滞している。 人口減少社会への移行や少子高齢化の進展とも相まって、 「拡大・成長」を軸とする従来の経済とは大きく異なる、新たな社会モデルの構想への転換が急務となっている。 コロナ禍で世界経済の落ち込みが明らかになる中で、高度成長期の成功体験をいつまでも追うのでなく、 ポスト成長社会、成熟社会における豊かさをどのように実現していけばいいのか。 都市集中型社会から地方分散型社会へいかに転換していくかも大きな課題である。 専門家による提言と事例を基に考えていく。

豪華 連載陣

  • 養老孟司

  • 鎌田薫

  • 河合雅司

  • 菅野芳秀

  • 小峰隆夫

  • 島薗進

  • 二宮清純

  • 古田尚也

  • 森枝卓士

  • 浦崎太郎

  • 森まゆみ

  • 岩村暢子

  • 吉村喜彦

  • 渡邊直樹

more

もくじ

巻頭インタビュー

広井良典
京都大学こころの未来研究センター教授

成熟社会における豊かさをどうデザインするか

聞き手 渡邊直樹 本誌編集長

特集

ポスト成長社会の地域と経済

縮小社会への転換
生き方を自由に選択するつつましく豊かな暮らし

松久 寛 一般社団法人縮小社会研究会理事、京都大学名誉教授

小水力発電で地域再生
豊かな水流を活用した自然エネルギーが地域を潤す

平野彰秀 特定非営利活動法人地域再生機構 副理事長

里山経済
ボランティアによる保全からビジネス活用への転換を

松村正治 よこはま里山研究所(NORA)理事長

●事例
里山教室(まちやま)

都心近郊で農業や竹林活用を体験する里山教室を開催

山水郷と地域再生
地域経済を動かそうとするなら文化から動かす

井上岳一 日本総合研究所創発戦略センター シニアスペシャリスト

●事例
中村ブレイス

郷土愛が吹き込んだ文化で変わった山水郷

沼垂テラス商店街
シャッター街からの復活
地域を再生させた商店街

高岡はつえ 株式会社テラスオフィス専務取締役

●事例
商店街と個々の店舗の相乗効果

活性化をさらに加速させる個性あふれるニューフェイス

and wood

新潟初の無垢フローリング材専門のショールーム

KADO shoe repair & beer stop

靴修理の間にビールを楽しめる新業態

mountain△grocery

新潟産野菜たっぷりのヴィーガン料理店

サーキュラー・エコノミー
今、日本が取り入れるべき循環型の経済成長モデル

加藤 彰、田中晴基 モニター デロイト

●事例
ゴミ、資源の回収事業(しんえこ)

「もったいないBOX」で家庭の資源ゴミを再利用

●事例
ゴミ収集のスマート化事業(小田急電鉄×座間市)

資源循環事業は鉄道と不動産に次ぐ地域ビジネス

ICTを利用した農業と教育
”参加できるまちづくり”で過疎地域の閉塞感を打ち破る

桑原 悠 新潟県津南町 町長

MMT(現代貨幣理論)
”コロナ禍の今こそ大胆な財政支出で地方創生を促進

中野剛志評論家

ポスト成長社会の地域と経済」のビジョンと道すじを考える書籍10冊

連載

人口減少下の地域を考える

コロナ危機下の経済情勢

小峰隆夫

高校連携で始まる人材循環

静岡県立裾野高等学校の取り組み(上)

浦崎太郎

食卓から見たニッポン人の変化

事実と記憶のギャップ

岩村暢子

おきたま通信「百姓の独り言」

人を獣にしてはいけない

菅野芳秀

地域興論

ギグワーカーの保護と地位向上が急務

河合雅司

「食」から始まる地方再生

天草納豆(東京都三鷹市)

森枝卓士

二宮清純のスポーツとまちおこし

合宿の誘致で「北のスポーツ基地」となった網走

二宮清純

港町ブルース

大阪市漁業協同組合(上)

吉村喜彦

JCI JAPAN TOYP
日本青年会議所

JCI JAPAN TOYP 2020 授賞式典

地域創生を目指す起業コミック
スタートアップCafé Dac

第9話 企業家精神のススメ

ふるさとと神仏のゆくえ

もの言わぬ娘と御詠歌講の「師匠」

島薗 進

chiikijin square(地域人スクエア)

news/report/pick up/cinema/magazine/book review

直言! 今月の地域構想

「地域の教育力」で新たな活力を

鎌田 薫 大正大学地域構想研究所 最高顧問

啐啄

大学も変化への対応を

柏木正博 本誌編集・発行人

次号予告/編集後記

とじこみ

コアコア新聞

暮らすように町に泊まる

山形路いで湯とラーメン紀行

地域人の購入方法

全国の書店、およびネット書店でお買い求めいただけます。 Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

書店で見つからない・在庫切れの場合は、
下記のリンクより申込用紙をダウンロードし、FAXにてお申込みください。 申込用紙をダウンロード

書店でご注文頂く場合は、下記項目を書店にお知らせくださいませ。

  • 書籍名:地域人
  • 出版社:大正大学出版会
  • ISBNコード:ISBN978-4909099501
  • 価格:1,000円

定期購読につきましては、『地域人』巻末に綴じ込みの払込用紙をご利用ください。

バックナンバー